十勝沖地震の教訓胸に刻み 名川中生が地震観音慰霊

地震観音像に献花し、手を合わせる名川中の生徒
地震観音像に献花し、手を合わせる名川中の生徒
南部町立名川中(福井淳悦校長)は10日、1968年の十勝沖地震で亡くなった旧名川町立剣吉中の生徒と卒業生を追悼する地震観音慰霊を、同町の伊勢沢公園で行った。1年生42人が観音像に献花し、犠牲者を悼むとともに災害への備えや心構えを学んだ。 十.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録