「震災超え」に動揺 復興に課題、減災模索も/宮城県津波浸水想定

 宮城県公表の想定で浸水域とされた気仙沼市の鹿折地区=10日午後
 宮城県公表の想定で浸水域とされた気仙沼市の鹿折地区=10日午後
宮城県が10日公表した津波浸水想定で、東日本大震災後にかさ上げした市街地も浸水域に入り、震災から11年が経過した被災地に動揺が走った。復興に取り組んできた自治体や住民は、新たな課題を突き付けられた。一方、津波被害を懸念する他の地域でも「減災.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録