ゼロコロナ懸念し香港離れ 弾圧主導の長官で拍車か

 香港の行政長官就任が決まった李家超氏(左)と林鄭月娥行政長官=2021年6月、香港(AP=共同)
 香港の行政長官就任が決まった李家超氏(左)と林鄭月娥行政長官=2021年6月、香港(AP=共同)
国際金融センターの香港から、低税率などの利点を活用してきた欧米金融機関が離れる動きが目立っている。中国本土と同様に新型コロナウイルスを徹底して封じ込める「ゼロコロナ」政策などが理由だ。新行政長官に警察出身で2019年の反政府抗議デモの鎮圧を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録