最適生産体制構築など柱に 大平洋金属が新中期経営計画策定

大平洋金属は10日、今後3年間の経営方針を明確化した新中期経営計画(2022~24年度)を策定した。「さらなる基盤強化とサステナブル戦略の推進」をテーマとし、最適生産体制の構築、温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルの実現.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録