スイッチ、世界販売2割減 任天堂、初の前年度割れ/半導体不足で生産停滞

 任天堂の業績
 任天堂の業績
任天堂は10日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の2021年度の世界販売台数が前年度比20・0%減の2306万台だったと発表した。半導体不足で生産が停滞し、17年の発売以来初めて前年度を下回った。22年度も半導体は供給が滞るとみられ、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録