【新型コロナ】空気感染する?しない? 換気重要、用語で混乱も

 飛沫、エアロゾル、飛沫核の比較
 飛沫、エアロゾル、飛沫核の比較
新型コロナウイルスの感染経路は当初、2メートル程度しか飛ばない飛沫(ひまつ)=しぶき=による感染と、汚染された物を触った手を介してウイルスが体内に入る接触感染の2通りとされてきた。しかし、空気中を長く漂う微小な粒子「エアロゾル」を吸い込む感.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録