人手不足、イカ釣り船危機 頼みの実習生、入国に遅れ

昨年7月の船凍アカイカ初水揚げの様子。中型イカ釣り船は今季、人手不足のまま出漁する=八戸市第3魚市場
昨年7月の船凍アカイカ初水揚げの様子。中型イカ釣り船は今季、人手不足のまま出漁する=八戸市第3魚市場
八戸港所属の中型イカ釣り船で毎年貴重な労働力となっている、インドネシア人実習生の入国が遅れている。新型コロナウイルスの影響で入国計画がずれ込んでいるのが原因で、受け入れ予定だった船の多くは人手不足のまま、週内にも今季初めての航海に出る。業界.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録