【ウクライナ侵攻】非ナチ化、対独戦勝に重ね プーチン氏の説明、国民に広がり欠く

2月にウクライナの「非ナチ化」を掲げて侵攻に踏み切ったロシアのプーチン大統領にとって今年の戦勝記念日は特別な意味を持つ。当時のソ連がナチス・ドイツの侵略をはね返し欧州をファシズムから解放した77年前の「神聖な戦い」を今回の軍事作戦に重ね合わ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録