Free【北奥羽の地名】源氏ケ浦(横浜町)/八幡太郎伝説が由来

北奥羽の地名
北奥羽の地名

【源氏ケ浦=げんじがうら】

 横浜町立大豆田(まめだ)小学校=閉校=の裏に、強固な防潮堤に囲まれた漁港がある。名前は「源氏ケ浦」。「源氏ケ岬」とも呼ばれる。「八幡太郎」の通称で親しまれる平安時代末期の武士、源義家が残した伝説が名前の由来となっている。

 義家は天喜元(1053)年ごろ、東北で起こっていた争乱を鎮めるため、各地を転戦。帰還のため、現在のむつ市大湊の安渡(あんど)海岸を出港したが、嵐が船を襲った。波は高く、風は容赦なく船を揺らした。

 義家は、源氏が氏神と仰ぐ八幡神に祈りをささげた。すると、不思議な力により暗雲は去り、嵐は収まったという。義家一行は、すぐに近くの海岸に上陸、一人の犠牲者を出すこともなかった。その上陸地点が、現在の漁港の近く。海岸が源氏の名を冠するようになったとされる。

※ネット連載

お気に入り登録