北の民の歴史、力強く表現 乗上さん(二戸)久慈で油彩展

来場者に作品を解説する乗上弘さん(左)
来場者に作品を解説する乗上弘さん(左)
二戸市在住の乗上弘さんの「油彩展―北の民 まなぐ 光らせ―」が、久慈市侍浜町の芸術村「あーとびる麦生(むぎょう)」で開かれている。平安時代に朝廷軍と戦った英雄「伊加古(いかこ)」の伝説をテーマに、北の民の歴史を油彩で力強く表現している。7月.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録