大鳥居塗り替え 建立時の赤色再現 二戸・呑香稲荷神社

真新しく塗り替えられた呑香稲荷神社の大鳥居と、修復を祝う関係者
真新しく塗り替えられた呑香稲荷神社の大鳥居と、修復を祝う関係者
二戸市の呑香(とんこう)稲荷神社のシンボルである赤い大鳥居が落成から約30年を迎え、新しく塗り替えられた。2日、神社に伝わる神代神楽の関係者らが集まり、修復を祝った。 神社は1991年の台風19号で境内のケヤキの巨木が倒れ、石垣や石段などが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録