【ウクライナ侵攻】ロ、「頭脳流出」に警戒感 ITや医療、30万人出国か

 ロシアの「頭脳流出」先と出国理由、トルコ、アルメニア、ジョージア
 ロシアの「頭脳流出」先と出国理由、トルコ、アルメニア、ジョージア
ロシアのITや医療分野などで働く「頭脳労働者」が相次ぎ出国している。2月24日のウクライナ侵攻後、若年層を中心に少なくとも30万人が去ったとの推計も。国の発展に関わる人材流出に、政府は警戒感を募らせているもようだ。一方、ウクライナからも多く.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録