時評(5月7日)

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の長期化に伴い、小麦やトウモロコシの屈指の産出国であるロシア、ウクライナ両国からの穀物輸出が激減するとみられ、世界的な食料危機の深刻化が懸念されている。 中でも心配なのが途上国で、経済状態が厳しい中、人口増.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録