【久慈の鳥インフル】野鳥監視重点区域を解除/環境省

岩手県と環境省は6日、久慈市内で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された死亡野鳥を回収した地点から半径10キロ以内の野鳥監視重点区域を、5日午前0時に解除したと発表した。 4月6日に同区域内で高病原性ウイルスに感染したハシブトガラスを回.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録