廃棄ウナギ頭で魚醬製造 絶滅危機の資源、有効活用

 ウナギの頭部を使った魚醬「鰻能」
 ウナギの頭部を使った魚醬「鰻能」
かば焼きや肝焼き、骨煎餅など、内臓から骨まで食べることができるウナギ。廃棄されることが多い頭部を使った調味料「魚醬(ぎょしょう)」が愛知県で造られている。ニホンウナギの完全養殖を研究する「海みらい研究所」(豊橋市)などが開発。代表の丸崎敏夫.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録