【ウクライナ侵攻】欧州シリア難民、思い複雑 ロシアの侵攻前に100万人

 ドイツ・ベルリンの「アラブ通り」で料理店を経営し、ドイツ社会への貢献を誓うシリア難民のリアス・マスリさん=2月(共同)
 ドイツ・ベルリンの「アラブ通り」で料理店を経営し、ドイツ社会への貢献を誓うシリア難民のリアス・マスリさん=2月(共同)
ロシアに侵攻されたウクライナから500万人超の避難民が入った欧州には、ロシアと組む中東シリアのアサド政権から逃れたシリア難民が約100万人いる。内戦が11年に及ぶ中、ドイツでは60万人以上が定着して社会参加する一方、文化摩擦から地元の反発も.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録