Free懐かしの車両、撮影楽しむ レールバス展示会、七戸で5日まで

レールバスのデモ走行を写真に収める愛好家
レールバスのデモ走行を写真に収める愛好家

七戸町笊田の南部縦貫鉄道旧七戸駅構内で4日、レールバスの特別展示会が始まった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催は3年ぶり。家族連れや愛好家が車両の観賞や撮影を楽しんだ。5日まで。

 イベントは町と、車両の保存活動などを担う南部縦貫レールバス愛好会(同町)が主催。レールバスはかつて七戸―野辺地間を運行した同鉄道の車両で、廃線後も全国の鉄道ファンらの人気を集める。

 4日は町内外から約140人の愛好家らが訪れ、熱心に車両を撮影したり、車内を見たりした。同会の星野正博代表は「コロナ禍でほとんど宣伝しなかったが、車両を出庫する際、既に30人ほどが来てくれてうれしかった。今後は状況を見ながら、少しずつイベントも開催したい」と話した。

 5日は午前10時から午後4時まで、レールバスの車両展示と車内公開を行う。午後1時10~30分、同3時半ごろにはデモ走行を実施する。入場無料。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録