Freeりんご娘、イメージキャラ継続 太子食品工業(三戸)、22年度も契約

新メンバーとなった「りんご娘」を起用した、太子食品工業のポスター(同社提供)
新メンバーとなった「りんご娘」を起用した、太子食品工業のポスター(同社提供)

三戸町の太子食品工業(工藤茂雄社長)は青森県のご当地アイドル「りんご娘」とのイメージキャラクター契約を2022年度も継続する。りんご娘は3月末でメンバー4人全員が卒業し、4月から新メンバーで再スタート。同社は「自然でピュアなイメージのりんご娘と、引き続き販促活動などに取り組みたい」としている。

 創業80周年を迎えた同社は昨年、りんご娘とイメージキャラクター契約を締結した。当初は今年3月末までの予定だったが、「地方や1次産業の活性化を目指す思いが共通している」(同社担当者)ことから改めて契約を結んだ。

 期間は5月1日から来年3月末まで。店頭ポスターなどに新メンバーの4人が登場するという。

 りんご娘は「私たちは幼い頃から太子食品さんの納豆や豆腐を食べて育った。自然由来の素材を使い、安心安全な商品をもっとたくさんの人に食べてもらいたい」とのコメントを発表した。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録