メタバース土地取引が活況 投機で売買も、過熱懸念

 メタバース「サンドボックス」のイメージ(サンドボックス提供・共同)
 メタバース「サンドボックス」のイメージ(サンドボックス提供・共同)
【ニューヨーク共同】インターネット上の仮想空間「メタバース」内で土地取引が活発化している。空間内に家などを建てるために必要だが、将来の値上がりを狙った投機目的の購入も目立ち、暗号資産(仮想通貨)で400万ドル(5億2千万円)を超える取引も出.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録