【横浜町の鳥インフル終息へ】連続発生、防疫迅速に 一時資材不足、課題浮き彫り

横浜町で立て続けに発生した鳥インフルエンザ。資材が一時不足するなど課題が残った=4月16日、横浜町(県提供)
横浜町で立て続けに発生した鳥インフルエンザ。資材が一時不足するなど課題が残った=4月16日、横浜町(県提供)
横浜町の養鶏場で先月、立て続けに発生した高病原性鳥インフルエンザウイルスは、3日までに周辺農場の異常が確認されず、終息に向かいつつある。殺処分数は2例とも10万羽を超え、「24時間以内の殺処分、72時間以内の埋却」という国の防疫指針で示され.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録