使途公開、法改正見通せず 批判懸念も自民に消極論/調査研究広報滞在費

 国会議員の調査研究広報滞在費(旧・文書通信交通滞在費)の現状
 国会議員の調査研究広報滞在費(旧・文書通信交通滞在費)の現状
文書通信交通滞在費から名称変更した国会議員の「調査研究広報滞在費」は、使途公開と未使用分の国庫返納の宿題が積み残されたままだ。与野党は今国会中の決着を目指すが、使途の明確化といった課題がある上、残された時間は少ない。夏の参院選を前に世論の批.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録