Free朝のニュースダイジェスト(5月4日)

【介護福祉士養成校の入学者減】
 国家資格の介護福祉士を養成する大学や短大、専門学校への入学者の減少が全国で深刻化している。青森県内でも生徒が集まらず、定員割れの状況が続いて募集停止に追い込まれる学校もある。

 【南部町で稚児入山行列】
 名久井岳の麓にある南部町の法光寺周辺で3日、釈迦の誕生を祝う稚児入山行列が行われた。きらびやかな衣装に身を包んだ園児30人が、新緑の色を増す参道に彩りを添えた。

 【自転車事故防止へ重点地区】
 自転車の交通事故防止に向け、青森県警が県内14地区11路線を「指導啓発重点地区・路線」に選定し、今春からホームページで公開している。自転車事故が多発していることなどを周知し、併せて違反行為を重点的に取り締まることで、利用者に交通ルールの順守を促す。

 【青森は285人感染】
 青森県は3日、県内で新たに285人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。検査をせずに医師の診断で陽性とする「みなし陽性」は11人だった。

 【ホーム戦中止】
 Jリーグは3日、八戸市プライフーズスタジアムで4日に開催予定だったJ3の第8節・ヴァンラーレ八戸―SC相模原の試合を中止すると発表した。相模原の選手複数人が新型コロナウイルスに感染し、試合規定の要件を満たせなくなったため。

お気に入り登録