【知床観光船事故】安全統括、社長の責任追及 出航判断の是非焦点

 出航判断を巡る桂田精一社長の発言
 出航判断を巡る桂田精一社長の発言
北海道・知床沖の観光船沈没事故で第1管区海上保安本部(小樽)は強制捜査に着手した。安全を統括する立場にある「知床遊覧船」の桂田精一社長(58)の過失の有無が焦点となる。ずさんな運航管理体制を調査する国土交通省の特別監査も同時並行で進み、事故.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録