施行75年、岐路に立つ憲法 緊急条項改正狙う自維公国 「危機便乗」と立共警戒

 憲法改正論議に関連する主な政治日程
 憲法改正論議に関連する主な政治日程
日本国憲法は3日、1947年の施行から75年を迎えた。岸田文雄首相(自民党総裁)は9条への自衛隊明記や緊急事態条項新設など党憲法改正案4項目の議論進展を狙う。自民、日本維新の会、公明、国民民主の4党は新型コロナウイルス禍やロシアによるウクラ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録