Free朝のニュースダイジェスト(5月3日)

【電気料金高止まり】
 電気料金の高止まりが、一般家庭や事業者に影響を及ぼしている。東北電力が想定する6月の電気料金は、標準的なモデル家庭で8565円と過去最高を更新。市民からは「節約するしかない」との声が漏れる。

 【鯨肉、高値で取引】
 八戸港を拠点に行われている商業捕鯨で、4月29日に初めて同港に水揚げされたミンククジラの鯨肉が2日、八戸市第2魚市場に上場された。総量397・3キロのほとんどが地元向けとして取引され、大型連休の需要拡大を見越して高値が付いた。

 【第2のふるさとプロジェクト開始】
 新型コロナウイルスの影響を受けた観光の振興や地域活性化を図ろうと、久慈市が「第2のふるさとプロジェクト」をスタートさせた。最初の取り組みとして、応援マネジャーを務める女優のんさんの等身大パネルとポスターを作製した。

 【未来の名馬、すくすく成長】
 東北町の「東北牧場」で、今年生まれた子馬がすくすくと成長している。2日は春の穏やかな日差しの下、2組の親子がのんびりと草をはんだり、元気に駆け回ったりしていた。

 【154人の感染確認】
 青森県は2日、県内で154人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。ほかに「みなし陽性」が17人。八戸市や上十三管内などで計5件のクラスター(感染者集団)が発生した。

お気に入り登録