八戸道逆走の男、危険運転致傷罪で起訴/地検八戸

4月に八戸自動車道で、逆走した軽乗用車が乗用車と正面衝突し、2人がけがをした事故で、青森地検八戸支部は2日、危険運転致傷の罪で、軽乗用車を運転していた八戸市長根3丁目、会社員の男(47)を起訴した。 当時、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録