噴煙間近、遊歩道に活気 箱根、シェルターで防災

 約7年ぶりに再開した神奈川県箱根町の遊歩道を歩く観光客ら=3月
 約7年ぶりに再開した神奈川県箱根町の遊歩道を歩く観光客ら=3月
火山活動を間近で観察できる神奈川県箱根町の遊歩道に今春、活気が戻った。むき出しの岩石や噴煙の中を進む箱根山の「大涌谷自然研究路」。火山性地震の増加などのため2015年に閉鎖されたが、安全策が整い約7年ぶりに一般入場が再開された。防災の柱は、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録