海などの調査に活用「着水型ドローン」 県水総研(平内)が開発、八工研が製造

採水器を使った小川原湖・内沼での調査(青森県産業技術センター水産総合研究所提供)
採水器を使った小川原湖・内沼での調査(青森県産業技術センター水産総合研究所提供)
太平洋、陸奥湾、日本海と3方を海に囲まれ、豊かな漁場に恵まれた青森県。ただ、近年は海洋環境の変化や資源量低下などに起因するとみられる不漁が長期化。漁業従事者の高齢化といった課題もある。県産業技術センター水産総合研究所(平内町)は資源や海洋環.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録