地元産ニンニクで万能だれ 2種類、3日発売/十和田湖ふるさと活性化公社

十和田市産のニンニクを活用して製造した万能だれ「一番にんにく」。
十和田市産のニンニクを活用して製造した万能だれ「一番にんにく」。
十和田市の十和田湖ふるさと活性化公社(佐々木千佳子理事長)が、生産量日本一を誇る同市のニンニクを活用し、肉や魚料理などに使える万能だれ「一番にんにく」を開発した。公社が運営する同市の道の駅奥入瀬「奥入瀬ろまんパーク」内の四季彩館などで3日に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録