進まぬ救済、個別通知が鍵 一時金支給、強制不妊手術/旧優生保護法問題

 個別通知した4県の状況
 個別通知した4県の状況
旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らへ320万円を支払う一時金支給法は4月で施行から3年となった。請求期限まで2年を切りながら申請は1割に満たず、救済は依然進んでいない。手術記録が残る被害者に制度の存在を個別通知しているのは4県にと.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録