開拓地の実家用地を花畑に 十和田の山端さん、3年目のチューリップ満開

チューリップが満開になった山端一雄さんの畑
チューリップが満開になった山端一雄さんの畑
十和田市西十二番町の山端一雄さん(66)が、同市八斗沢家ノ下の実家敷地を花畑にしようと取り組んでいる。実家がある地域は戦後の開拓地。入植した両親の苦労を見てきただけに、土地を簡単に手放すことはできなかった。3年目の4月下旬、一角に植えたチュ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録