【知床観光船沈没事故】捜索阻む海流、領土問題 調査長期化の恐れも

 捜索を難しくする現場周辺の海流
 捜索を難しくする現場周辺の海流
北海道・知床沖の観光船沈没事故は、乗客乗員26人中12人が行方不明のまま、発生1週間となった。水深約120メートルの海底にある船の内部に水中カメラは容易に入れず、調査は長引く恐れも。現場海域は流れが速く、残る不明者が沖合遠くに運ばれた可能性.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録