パラスポーツの魅力体験 三沢・おおぞら小、車いすバスケとボッチャ

車いすバスケットボールでパスをつなぐ児童
車いすバスケットボールでパスをつなぐ児童
三沢市立おおぞら小(佐藤修校長)の5、6年生27人が26日、同校体育館で車いすバスケットボールとボッチャを体験し、パラスポーツの魅力に触れた。 障害の有無を問わず、誰もが安心して暮らせる「共生社会」の大切さについて考えてもらおう―と、市が企.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録