名農高存続へ南部町が支援 来年度から全国募集、学校の魅力発信

工藤祐直町長(左)から贈られたコメと目録を手に、笑顔の名久井農業高の寮生2人=28日、同校
工藤祐直町長(左)から贈られたコメと目録を手に、笑顔の名久井農業高の寮生2人=28日、同校
南部町は本年度、町内唯一の県立高校である名久井農業高の存続に向け、本格的な支援に乗り出す。来年度から導入する全国募集で、2025年度までに6人(各学年2人)の入学を目指し、学校の魅力を県外へ発信する。28日には同校の寮に町内産のコメ600キ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録