八戸市内5エリアの浸水区域見直し 津波ハザードマップ改定、市HPで公開

八戸市は28日、津波ハザードマップを改定し、ホームページで公開した。改定は2013年3月以来。今回は日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震を想定し、市内の五つのエリアで浸水区域などを更新した。 対象となったのは▽市川▽八太郎、根岸、下長、上長、豊.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録