円安「造船、鉄鋼など打撃」/ジェトロ青森・木村所長

東京外国為替市場で円相場が1ドル=130円台に下落したことについて、日本貿易振興機構(ジェトロ)青森貿易情報センターの木村慶一所長は、利上げを進める米国と、金融緩和で超低金利が続く日本との間で金利差があり、今後も円安の圧力は増すとの見方を示.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録