参院選300人超立候補へ 与党、過半数維持狙う 野党、候補一本化急ぐ

 過半数獲得に必要な議席数
 過半数獲得に必要な議席数
夏の第26回参院選に選挙区と比例代表を合わせて301人が立候補を予定していることが28日までの共同通信社の調査で分かった。自民、公明の与党は非改選議席を含め、過半数の維持が最低限の目標となる。立憲民主党などは改選1人区の候補者一本化の調整を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録