コロナ禍乗り越え情感豊かに 八戸市民フィル定期演奏会

コロナ禍の逆境をはねのけて公演した八戸市民フィルハーモニー交響楽団
コロナ禍の逆境をはねのけて公演した八戸市民フィルハーモニー交響楽団
八戸市民フィルハーモニー交響楽団(辻正武団長)の第54回定期演奏会が24日、市公会堂で開催された。団員66人が新型コロナウイルス禍の鬱屈(うっくつ)や逆境をはね返す情感豊かな旋律を奏で、詰めかけた聴衆と感動を共有した。 同楽団の定期演奏会は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録