働き方改革へ期待と不安 部活動顧問の負担軽減なるか

中学校教員の長時間労働の背景として「部活動顧問の負担が重い」と指摘されてきた。スポーツ庁の有識者会議が2025年度末までに休日の運動部活指導を地域団体に移行させる方向で議論しているのも、働き方改革が大きな目的の一つだ。ただ、指導者確保などの.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録