広がるか電力地産地消 エネ安保に技術開発急務

 北海道上士幌町の酪農施設。町は家畜のふん尿を資源に発電に取り組む
 北海道上士幌町の酪農施設。町は家畜のふん尿を資源に発電に取り組む
環境省選定の脱炭素先行地域は、再生可能エネルギー電力の地産地消を進め、二酸化炭素(CO2)排出量の大幅削減を狙う。政府目標の「2050年脱炭素社会」達成には、全国的な広がりが生まれるかどうかが鍵を握る。燃料価格の高騰もあり、識者は「エネルギ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録