市政運営に住民の声を 熊谷八戸市長の「公民館サロン」始動

田面木地区の住民代表と意見を交わす熊谷雄一市長(右から2人目)=26日、八戸市
田面木地区の住民代表と意見を交わす熊谷雄一市長(右から2人目)=26日、八戸市
八戸市は26日、熊谷雄一市長と市民が意見を交わす「市長との公民館サロン」の取り組みをスタートさせた。昨年10月の市長選で「対話と共感」をスローガンに掲げた熊谷市長の政策公約の重点事業で、市政運営に地域住民の声を反映させる「市民目線のまちづく.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録