二戸管内のこども園で感染性胃腸炎、園児33人が発症

岩手県は26日、二戸保健所管内の認定こども園(園児64人、職員15人)で、サポウイルスによる感染性胃腸炎が集団発生したと発表した。0~5歳児33人が発症したが、重症者はなく、いずれも回復傾向にあるという。 県医療政策室によると、19日に園児.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録