Free【あの日の紙面】1973(昭和48)年8月9日

あの日の紙面
あの日の紙面

韓国の朴正煕(パクチョンヒ)大統領批判勢力の有力リーダーで、日本に滞在していた金大中(キムデジュン)氏が、都内のホテルから何者かに連れ去られ、行方不明になったことを伝えている。

 金氏は1971(昭和46)年の大統領選に立候補し、朴氏に敗北。民主活動家として注目を集めていたが朴氏の政敵とされ、交通事故を装った暗殺工作にも遭った。事件には韓国中央情報部(KCIA)が関わっていたとされ、5日後にソウル市内で解放された。

 4度目の挑戦となった97年の大統領選で勝利し、72歳で就任。経済の立て直しや北朝鮮との南北首脳会談実現などが評価され、2000年にノーベル平和賞を受賞した。

お気に入り登録