社長「いけると思った」 遭難観光船、荒天で出港

 町や国交省の説明会会場に向かうバスに乗り込む行方不明者の関係者ら。ブルーシートに囲われて姿を見ることはできなかった=26日午前、北海道斜里町
 町や国交省の説明会会場に向かうバスに乗り込む行方不明者の関係者ら。ブルーシートに囲われて姿を見ることはできなかった=26日午前、北海道斜里町
北海道・知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU 1(カズワン)」=19トン=が遭難し11人が死亡、15人が行方不明になった事故で、運航会社「知床遊覧船」(斜里町)の社長が、荒れた海への出港判断について「私はいけると思った」と、駆.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録