南海トラフ、備える自治体 どう高める住民の警戒感/津波事前避難

 南海トラフ地震臨時情報の仕組み
 南海トラフ地震臨時情報の仕組み
南海トラフ巨大地震の危険性が高まった場合、津波に備える1週間の「事前避難」対策が各地で進んでいる。国が3年前に制度を導入したが、住民への浸透は不十分。1月には想定震源域に含まれる日向灘でマグニチュード(M)6・6の地震が発生するなど警戒感が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録