一生の悲しみ、考え続けて 事故車両、保存と公開/尼崎JR脱線17年

 新施設の事故車両保存のイメージ
 新施設の事故車両保存のイメージ
JR西日本は、25日で発生から17年となった尼崎脱線事故の車両を保存する新施設を、2024年に完成させる。ただ、今のところ一般公開を想定していない。遺族や負傷者の思いは揺れる。公共交通の惨事の記憶風化を阻もうと活動する人々は「公開する、しな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録