天鐘(4月26日)

チェルノブイリ原発事故から今日で36年が経過する。爆発した原子炉は「石棺(せきかん)」と鋼鉄のシェルターで二重に封じ込められているが、ウクライナに侵攻したロシア軍がこの“墓”を荒し、自らも被曝(ひばく)してしまったという▼ロシア軍は2月の侵.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録