捜索、救助要請の3時間後 海保拠点遠く、荒天も災い/知床観光船事故

 北海道・観光船事故の救出活動の経過
 北海道・観光船事故の救出活動の経過
北海道・知床半島沖の観光船遭難事故で、海上保安庁のヘリコプターが現場海域に到着したのは救助要請から約3時間後だった。海保の拠点が遠かったことや荒天が災いし、政府内の情報共有にも時間を要した部分があった。初動対応に注目が集まる一方、専門家は「.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録