慰霊式、コロナ禍3年ぶり 再発防止へ誓い新たに/尼崎脱線17年 

 尼崎JR脱線事故から17年となり、発生時刻に合わせ、電車が衝突したマンションの前で黙とうするJR西日本の長谷川一明社長(中央)ら=25日午前9時18分、兵庫県尼崎市(代表撮影)
 尼崎JR脱線事故から17年となり、発生時刻に合わせ、電車が衝突したマンションの前で黙とうするJR西日本の長谷川一明社長(中央)ら=25日午前9時18分、兵庫県尼崎市(代表撮影)
乗客106人と運転士1人が死亡し562人が重軽傷を負った2005年の尼崎JR脱線事故は、発生から25日で17年となった。事故を起こしたJR西日本は、兵庫県尼崎市の現場に整備した「祈りの杜(もり)」で、追悼慰霊式を営んだ。発生日の式典は新型コ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録