ブランド化でカキ売り込め 海外養殖法導入も、北海道

 北海道厚岸町のカキ種苗センターが稚貝を育てている水槽=4月上旬
 北海道厚岸町のカキ種苗センターが稚貝を育てている水槽=4月上旬
「カキえもん」「寿かき」「COYSTER(コイスター)」―。養殖カキの収穫量で広島県や宮城県に水をあけられる北海道で、生産者が独特なネーミングでブランド化して売り込みを図っている。海外に倣った育成法を導入するなどの動きも。関係者は「興味を持.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録